コンテンツで評価を高める内部SEO % Color Arrangement Website

コンテンツで評価を高める内部SEO

コンテンツのクオリティーが重視される時代

内部SEOはホームページ自体を改良・最適化することでアクセスアップを目指すテクニック。キーワード率やタイトルの付け方などの小技も重要ですが、現在、気をつけたい大切なポイントが、コンテンツ自体のクオリティーと言えます。
従来は数打てば当たる式に、内容の薄いコンテンツページを大量に作ると言う手法が用いられたことがありました。しかしこの結果、検索エンジンには役に立たない内容の薄いコンテンツがあふれかえることになり、利便性が大きく損なわれてしまったのです。これを受けて検索エンジンは、ページの品質もしっかりとチェックして、クオリティーの高いページを優先的に検索結果で上位表示するようにアルゴリズムを変更しました。つまり、現在の内部SEOでは、コンテンツの質がものを言うわけです。

どのようなページがハイクオリティーなのか

まず、クオリティーの高いコンテンツは、閲覧者の役に立つかどうかで決まります。このために文章量が極めて少ないページは不利だと言えるでしょう。1,000文字から2,000文字程度の、豊富な情報量のページが高品質とみなされる傾向にあり、この程度の文字数が目安と考えられそうです。 文字数が多くても、盗作や著作権違反はスパム行為として、検索結果から除外されかねません。オリジナリティーのあるコンテンツこそが、閲覧者の求めるところなのです。加えて、誤字脱字が多かったり、意味不明な記述がある場合も好ましくはありません。 つまり、しっかりと量と質、オリジナリティー性をもったコンテンツが、ハイクオリティーなページとして認識されていると言えます。