感覚でやらない!レイアウトの原則を知ろう % Color Arrangement Website

感覚でやらない!レイアウトの原則を知ろう

接近の原則と整列の原則

ホームページ作成の時のデザインレイアウトには4つの原則があり、その中の2つが「接近の原則」と「整列の原則」です。
接近の原則とは関連性のある情報や映像を近づけて配置するというもので、関連性のない情報や映像を遠ざけることで見ている側が直感的に類似性があるかどうかを見極めることができるという法則になります。これによって記事を読みやすくなりますし、全体のまとまりもよくなるという効果が狙えます。
また整列の原則は情報や文章の配置を右・左・センターのいずれかに整列させるという法則です。こうすると情報を読む際の視点があちこちに飛ばないので読みやすくなると言われていて、特に左端に揃えると最も見やすいと考えられています。

対比の原則と反復の原則

残り2つの原則である「対比の原則」と「反復の原則」は、主に文章のレイアウトに利用されています。
対比の原則は見出しと文章の区別をつけるなど、それぞれのまとまりの要素の重要性を区別したり差別化を図るためのレイアウトです。見出しと文章が同じレイアウトだと区別や差別化が難しく、見ている方もメリハリがわからないので文章が頭の中に入りにくいとされています。このため見出しをはっきりわかりやすいレイアウトに変えたり色を付ければメリハリがつきますし、見ている側も欲しい情報をすぐに探すことができるのです。
そして反復の法則は名前の通り、同じ構成や要素を繰り返すことで統一的なデザインを演出するという原則になります。こうすると意外と情報を探しやすいので、類似した情報が続くのであればこちらの原則を利用するのがおすすめです。

ホームページ制作のプロに安く依頼することを「ホームページ制作を格安」といいます。ただし、格安で行う方法は自分で行う場合も含まれる為、必ずしも業者に依頼する方法だけではありません。