見た目の印象を左右する配色について学ぼう % Color Arrangement Website

見た目の印象を左右する配色について学ぼう

配色の中でもトーンは重要

ホームページ作成のデザインの中でも特に重要になってくる配色。
色はどうしても一番に目に入ってくる情報ですので、どうしてもここが決まらないと人の印象に残らなかったりするんです。
色の違いでホームページへの印象も変わってきます。
まず最初に気を付けたいのは色のトーンです。
例えば同じ「赤」をイメージカラーとして使うにしても、原色寄りにするのか、暗めのボルドー寄りにするのか、はたまた明るめのピンク寄りにするのか……これを変えるだけでイメージが変わってきます。
若い人向けなら原色やピンク寄りの明るい赤、大人向けならボルドー寄りで落ち着いた色。
どのような対象の人に向けたホームページかによって、使う色のトーンも変わってきます。
まずは対象の方を決めて、カラーを決めていくのもオススメですね。

色へのイメージと配色へのイメージ

色にはイメージがあります。
例えば、赤やオレンジなどの暖色系なら「あたたかい」。青などの寒色系は「つめたい」といったイメージです。
あたたかい・つめたい以外にも緑なら自然的だとか、紫は上品、茶色は落ち着いた、ピンク色はやわらかいなどなどのイメージがありますよね。
これらのイメージを抑えたうえで、配色が持つイメージについても考えていきましょう。
単色でもイメージを左右しますが、例えば水色と黄色と青なら「夏」、パステルカラーの水色と黄色とピンクなら「キュート」など、配色を変えるだけでイメージががらりと変わります。配色と一緒にトーンの違いも抑えることで、さらに人の心をつかむホームページが作れちゃうんです。
色のトーン、イメージ、配色この3つを念頭にホームページ作成するだけで印象が変わるので、ぜひ押さえてくださいね!

ホームページ作成を初心者から始めるには、まずは無料の作成ツールと使うと便利です。基本的なデザインであればすぐに作成できるだけではなく、どのようにホームページが構成されているかを知ることができます。