文字はホームページに欠かせない!タイポグラフィの基本 % Color Arrangement Website

文字はホームページに欠かせない!タイポグラフィの基本

タイポグラフィとはそもそも何なのか

タイポグラフィは、文字の配列を適切にして見た目を整える技法のことです。活字メディアやインターネットでは不可欠であり、これのいかんによって見やすさが変わってきます。当然、適切な文字の配置になっていないと読みにくくなってしまい、閲覧する人が離れて行ってしまいます。タイポグラフィの基本原則を最低限抑えておけば、コンテンツの内容意外の部分で読者が読むのをやめてしまうという事態は避けることが可能です。特にホームページは、読み手が能動的に検索をして訪れる場であるため、読みにくさは直帰される大きな要因となってしまいます。そのため、わかりやすく読みやすいタイポグラフィの基本原則を、まずは覚える必要があります。

ホームページに必要なタイポグラフィの基本原則

まず、フォントのサイズを整えることが必要です。見出しと本文を分けるのは基本として、重要度に応じて大きさを変えていきます。これによって、重点的に読むべき場所を把握することができるようになり、読み手は読みやすいと感じます。また、文章の書き出しの列をそろえることも基本です。これは活字メディアの場合もそうですが、書き出し位置がずれていると文章の続きがわからなくなりますし、感覚的に読みにくいと感じてしまいます。その他、あまり多くのフォントを利用し過ぎないことも重要です。あまり多くのフォントを使い分けていると、ホームページに統一感がなくなってしまう結果、雑多な印象になってしまって妥当ではありません。かえって数種類に制限した方が、すっきりと良い見た目になります。

アフィリエイトや趣味、企業用と、目的に合わせて作られるのがHP制作です。個人でソフトを購入して作る場合もありますが、法人用はプロに頼むことが多くなっています。